ここから本文です

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48706050Z10C19A8TJ1000/
就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京・千代田)が学生の「内定辞退率」を予測したデータを企業に販売していた問題で、三菱電機は19日、同データを購入していたと発表した。同社は試験的に購入したとしており、これまでの採用活動には合否判定を含め「一切、使用していない」という。

三菱電機が予測データの購入を始めたのは2019年4月。「20年度の内定辞退者と予測データの相関関係を後から振り返るために、試験的に購入した」と説明している。データ分析の対象となった学生数などについては「明確に把握できていない」とする。取得したデータは既に廃棄している。

購入企業がデータを使うには、リクナビ側と学生の個人情報を共有する必要があった。同意の取り方などに不備があれば、購入した側も個人情報保護法や雇用に関する職業安定法に違反する恐れが出ている。同社は「現時点では手続き等に問題はなかったと認識している」と回答している。

20年度の内定者に対しては、「今後予定している工場見学や懇談会などの内定者向け行事で、本件について説明する」とのこと。