ここから本文です

中国の市場介入「普通の国でない」 麻生財務相が批判
2015/9/6 1:42日本経済新聞 電子版

麻生太郎財務相は5日(日本時間6日未明)、
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後に記者会見し、
上海株式市場への中国当局の介入は「普通の国ではないような市場介入だった」と述べた。

①中国中央銀行総裁『バブルがはじけた』×3
②米国の利上げ時期後退による円高リスク
③シリア移民の流入による欧州政治の混乱
④上海が2日間止まっていた分のまとまった売り
⑤雇用統計の悪化
⑥先物下落で終了
⑦円高で終了
⑧引け間際にダウの投げ売り