IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

またもや日本企業に負の連鎖が・・・・・  w

「日立化成、新たな不正発覚 半導体素材で異なる検査手順」2018年10月27日16時39分 朝日DEGTAL

化学大手の日立化成が、半導体に使われる樹脂素材の検査データで不正をしていたことが27日、わかった。同社では6月、病院や原発などで使われる非常用電源向け蓄電池の一部で製品検査の不正が発覚。特別調査委員会で調べているが、当初2~3カ月と想定した期間を過ぎてもまだ結果を公表していない。今回の不正は、蓄電池を巡る不正調査の過程で新たに発覚した可能性がある。

 新たに不正が明らかになったのは、半導体の表面を熱や外部からの衝撃から保護するために覆う「封止材」と呼ばれる樹脂素材。納入先と約束した方法と異なる手順で検査をしていた。日立化成は日立製作所の子会社で、同素材では世界有数のシェアとされる。