IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

東芝決算に冷や水浴びせられるのか、米ダウ暴落の危機迫る。乞うご期待w

「NY株反落296ドル安 主力ハイテク株が下げ主導  週間でも2週ぶりマイナスに」2018/10/27 8:10 日経デジタル

今週(22~26日)も不安定な相場が続いた。10月に入ってダウ平均が週間ベースで上昇したのは第3週(15~19日)のみ。26日時点の月間下落率は6.7%となり、このまま行けば2010年5月以来の大きな下げとなる。ハイテク株の構成比率が大きいナスダック総合株価指数の下落率はさらにきつく、10.9%に達している。月間としてリーマン危機直後の08年10月以来の下げを記録する可能性がある。

来週(10月29日~11月2日)は米企業決算がヤマ場を迎える。市場の注目度が高いのは1日公表予定の米アップルだ。米保険会社プルデンシャル・ファイナンシャルのクインシー・クロスビー氏は「米中貿易戦争によるコスト上昇や中国景気の先行きを占う上で重要な決算」と話す。米アマゾンに続き、投資家の失望を招く内容になれば、株式相場の底入れがさらに遠のきそうだ。