ここから本文です

>>132

東芝が迷走を続けたというような記事も多いが、実際3月末と9月末では状況が違ってきた。たぶん2Qもメモリが好調でよい数字がでると思う。債務超過回避のための売却なので少なければそれに越したことはない。部分売却では買う側にうま味が少ないように思うが、ファンドなどはIPO狙いで儲ければよいだけ。2-3年スパンでは現在需要が旺盛なのでシェァでサムソンより減っても、自身の出荷量=売り上げが上がれば関係ない。四日市の歩留まりは紫光がどれ生産量あげても足元にも及ばない。 ただ、その先に多大な投資が継続して必要なことがこの事業の問題だ。果たしてその資金が続くのか。