IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


>1371
>監理銘柄の指定に関して言えば、3月15日に内部管理体制確認書を東証に提出しているが、内部管>理体制が確認されれば、特設注意市場銘とともに3か月後ぐらいに解除されてくるはず。

>債務超過の具合にもよりだろうが、上場廃止の危機がいったん解除されると思っているんだけど?

おっしゃるとおりです。
しかし、東芝が3月15日に出した「内部管理体制確認書」は決算再々延期中に出した代物で、そんな会社の出したモノなんて、正しく典型的な「絵に描いた餅」・・・。

まずは損失確定させて決算出して、WHにしっかりケジメをつけないと指定解除は夢のまた夢・・・。

でも、今までパンドラの箱を開けなかったのは、追加損失額が把握できなくて、最悪の場合、更に兆レベルの損失が噴出して東芝が即死する可能性を慮ったからでは?

「ガバナンスは確立したが、内実は死に体」では結局のところ倒産しかない。