IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

3月31日でのWH破産申請でのWH破産申告を「好材料」と考えている買豚はおめでたい・・・。

破産申請して簡単に連結を切り離れるなら、とうの昔に処置しているハズ・・・。

それでも、破産申請を極力回避してきたのは、破産申告に伴う更なる巨額損失(少なくとも数千億円)があったからだ・・・。

仮に申請が通ったとしても、最悪の場合、メモリを売った利益の相当分をWH処理で使いきってしまうかも・・・。そのとき、メモリ売却益を担保していた大手主力銀行はどうでるか・・・。

担保回収できないと判断されたとき、東芝は次のステージに進むことになる。

もっとも、「自国第一主義」の某国の大統領が、WH破産に伴う自国経済へのマイナス影響を嫌気して、例の「砲」をブッ放してきて、申請自体が暗礁に乗り上げる可能性だってあるんだぜ・・・。