ここから本文です

 片や年金などの機関投資家からじかに株式を借りて空売りする大口参加者は3月決算期末が近づくと買い戻しに回りやすいという事情がある。松井証券の窪田朋一郎氏は次のように解説する。東芝の2部指定替えの可能性が高まれば、年金など貸し手は、その前に手続き上の理由で株式の返却を求めるだろう。最近は決算期末前に返却条件を付ける貸し手も多い――。

 半導体事業の売却額を巡る思惑に加え、3月決算期末の接近というカレンダー事情が重なり、目先の需給変動で東芝株の動きは一段と激しさを増す気配が濃厚だ。