ここから本文です

百戦して 百敗する国  日本

韓国  中国に 負けまくっている  日本


2000年代に技術  資金力で韓国 中国に 比べ物にならない ほど  有利だったのになぜまけるのかという  理由を考えてみた

1  人事が バカである  
 
 年功序列にこだわりすぎ
仕事ができないのに 地位に居座って いるのが  おおすぎる

仕事ができないので  周辺に まるなげ
当然  周辺も そんな奴の 仕事を やるやつはいないので
放置プレー 状態

当然に こういう状態なので まける

 


2  人事が 過去の実績  といいすぎる

何十年前の 功績について  こういうことが ありましたね
といって 持ち出してくる

評価の間違えがないのは よいのだが  保守的すぎる人事

問題は 何十年前の活躍では なくて  今現在
どう働けるかである



悪平等が はびこっている

同じ会社にいるので 同じ待遇が良い
という 悪平等主義が 猛威を振るっている

こういう状況だと 目覚ましく  働くやつは 和を乱すものとして
嫌われる

個性をもって 自分を打ち出すタイプも 変わり者 道化として 敬遠される
こういう 変わったタイプが もうかるビジネスモデルを 作り出すのだが


まるで 中国の昔の専制国家の 官僚のような  腐った組織である
ぜんぜん  生産性がない


資金力  技術力では 会社はわからない
財務諸表だけでは わからない


問題は 会社の社風  気概  ビジネスモデルだ

この状況で  この会社  はたして買えるのだろうか

問題がわかっている以上