IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日立製作所による退職勧奨に反発した50代の男性社員が起こした訴訟で、横浜地裁は24日、日立側の違法性を認める判決を出した。バブル期に大量に採用した社員の過剰感に悩む企業は少なくなく、希望退職の募集も相次ぐ。判決は、人減らしで利益を増やそうとする経営に警鐘を鳴らすとともに、退職を受け入れるかどうかを決める権利は社員の側にあることをあらためて示した。