ここから本文です

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 今年夏に欧州やアジアを記録的な熱波が襲ったことを受け、米有力ファンドマネジャーはエアコン製造企業の株式投資に動いている。日立製作所のエアコン部門に出資しているジョ ンソン・コントロールズ・インターナショナル<JCI.N>や米大手のインガーソル・ランド<IR.N>といったエアコンメーカーの株価は年初来上昇率が25%ないしそれ以上に達し、S&P総合500種の19%を上回っている。米中貿易摩擦に伴う世界的な景気減速懸念の中、堅調ぶりが目立つ。日立製作所<6501.T>などの日本勢も年初から株価が力強く上昇してきた。

株価材料がてんこ盛り! 

*^_^*