ここから本文です

580億円流出コインチェック 金融庁が立ち入り検査を急いだ理由

■相場を吊り上げか?
「CCは多額の現預金がある、と言いながら、いまだに根拠を示していない。改正資金決済法は、仮想通貨取引所に利用者財産の分別管理義務を課していて、分別管理されていれば、CCに補償能力があるのかどうかはすぐに確認できる。それができないのは、CCが顧客の預託金と自己資金をまとめて仮想通貨に投じていたのではないか。そのために他の仮想通貨も取引ができない状況なのではないか、とみられている。金融庁担当者も記者レクで『いろいろな手を使って資産状況を調べている』『分別管理を検証しないといけない』と強調していました」(前出の担当記者)
 CMをバンバン打って集めた多額のカネで仮想通貨の相場を吊り上げていたとすれば、「仕手筋」の相場操縦の手口と何ら変わらない。
 改正資金決済法108条では〈利用者の金銭・仮想通貨の分別管理義務違反に対しては、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはその両方がなされる〉とある。「コインチェック被害対策弁護団」も動き出した今、CCのバケの皮が剥がれる日は近い。

出川(笑)