ここから本文です

直近では、実名実顔まで出してレイプ被害を訴えた検察審査会起訴見送り。
    『TBS元NY支局長 安倍晋三についての著書あり 安倍のお友達記者』  
     阿武孝雄 警察庁キャリア 広告代理店の女性社長のパンティかぶり、パンプスの匂いを嗅ぐのが趣味の
     現場を押さえられFridayにフラッシュされる。
    『山口県出身 京大卒』
     交通安全イベントの決裁の権限を持っているにもかかわらず便宜供与もなし、国家機密漏洩の嫌疑も無と     の判断
安倍総理 周辺 裁判連戦連勝。検察審査会は明らかに司法で有る。