ここから本文です

昨年の記念増配に続いて一時ホルダーには嬉しいですね。

しかし増配する余裕があるのならば、なぜ既存株主に損を押し付ける第三者割当増資を行ったのか。

そこが問われてくる。