IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

もう一つ言えば、もう優に10年以上前はそれまで企業に資産(固定資産のみならず売掛金なんかも・・)を担保に入れさせて、融資していたんです。
ところが、オクニが銀行に担保力で融資するのではなく、企業の収益力で融資しなさいって指導があったと記憶してます。


担保を取らず、借り手企業の利益(=キャッシュフロー)創造力を信じ融資するように金融機関も方針を買えました。
その結果、借りて企業と「財務制限条項」って言う契約書を交わすようになった(みずほあたりのHPにも雛形があると思いますが・・)。
そこには、借り手企業に死守させるべき財務指標が定められています。
難しい言葉で書いてはありますが、だいたい、二年連続で営業赤字(場合によっては最終赤字となっていることもある)だったら貸した金を返すよな、ということになっています。

この契約を結んでいる借り手上場企業は有価証券報告書(連結財務諸表の注記)にその旨とアウトラインが書いてあります。

また担保を出している場合も有価証券報告書にどんな資産を担保に出しているか、書いているはずです。