ここから本文です

中国の景気減速で、中国企業との合弁会社に注意が必要です。

不正経理操作(架空取引等)で、利益を外部流出(中国企業の子会社、取引先等へ)させるケースが多発すると予想されます。
合弁会社へのチェック機能がしっかりしている会社と、そうで無い会社とでは、中国事業の採算に雲泥の差が生まれるでしょう。