IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>351

返信いただきありがとうございます。
素人の考えでしたら指摘してほしいです。

通常BS上、負債の金額は確たるもので、資産の額は簿価と時価が乖離する場合はありますよね。

そうなると、仮に3年後に、純資産の売却から負債を返済するために、簿価と同じ価格で売って返済に充てれば純資産が減らない、簿価以上の金額で売れれば純資産が増えるが、簿価以下の金額で売ってしまうとより多くの純資産を売却する必要があるため、純資産は減るよね。

コロナが長引くと、簿価以下で売ってしまう可能性が高くなり、もちろん6億ドルの規模でしたら影響は軽微かもしれないが、「純資産の簿価が時価を下回っている」という事実が売却によって顕著化になってしまうのではないか、時価評価ではPBR0.5ではなく、PBR 1ではないか、と心配しています。

8.5%の利率は安い借金とは言えないので、1株100円の不安定な利益を出すために、株主に1株70円の利息を払わせているくらいなら、株主から融資して返済したほうが株主のためになるのではないでしょうか?ただしここの経営陣は大株主と揉めているようですので、そのような選択肢はないでしょう、だから高い金利で借り換えするし、今年はさらに1億ドル追加募集する予定で、元本を返済する目途が立っていません。それがゆえにいまの下げにつながっているのではないでしょうか?