ここから本文です

韓国人の訪日者が少し落ち込んでいるようですね。7月が前年比▲7.6%の561,700人で、累計では▲4.3%の4,424,400人です。8月以降は急減かも。

日本人の訪韓者数がさすがに減ってくれたかと思ったら、寧ろ増加しているのかな?
7月は前年比+19.2%増の274,830人(累計+25.5%増の1,928,516人)と増加率が減ったようですが、相変わらず好調な様です。8月以降は減りそうですが。
ただ、セガサミのparadise cityなんかを見る限りは、今年8月の日本人客は過去最高だったようで、落ち込みは感じられませんね。
ちなみに、paradise groupの各カジノを見ると、国別のデータはvip dropの値しか出してませんが(客の多くはvip扱いされているようで)、日本人客は前年同月比でparadise cityが+35.0%、ソウルが+23.9%、釜山が+1.4%、済州島が+60.7%です。香港が少々荒れ気味だったので、香港経由でマカオ行くよりは韓国の方が行きやすかったのかな?

韓国なんかに行かず、フィリピンの方に行って欲しいものですね。

  • >>916

    韓国のカジノって、かなり不調ですね。大型のカジノirが毎年1か所開設されていく感じですが、全体としては売上は増えてはいないんですよね。さすがにparadise groupはparadise cityの開業で売上こそ若干増えたとは言え、旗艦カジノであるwalkerhillの客が流れてしまったこともあり、増収とはいえ、大きな減益でparadise cityの開業以降ロス転したままなかなか回復しそうにないですし、gklに至っては客を奪われ減収減益状態です。日本人客が増えても主力の中国人客が減少傾向が続いてますし。

    それにしても、韓国カジノirの開業が続きますね。
    17年 paradise city・・仁川
    18年 Jeju Shinhwa World(香港のlanding)・・済州島
    19年 dream tower casino(韓国ロッテ等)・・済州島
    21年 caesars・・・仁川
    22年 inspire (米mohegan)・・・仁川

    昨年2月開業のJeju Shinhwa Worldは6月までの5か月弱でggrが24億香港ドルを超える華々しいデビューを飾ってましたが、今(19年1-6月)ではggrも1.6億香港ドルと開業当時の1/15まで落ちちゃってます。
    今月開業予定の韓国ロッテのは、完成しているようですが開業は延期でしょうか。
    caesarsのは17年から建設が始まって、そろそろ空港からソウルへ行く高速道路からも見える状態になって来たのでは。moheganも昨年着工済建設です。

    大型カジノirがバカスカ誕生しますが事業性が少し心配ですね。

    ついでに言うと、ウラジオストクのカジノも今年中にカンボジアのnagacorpのが開業しそうですね。更にもう一つも直にかな。
    ウラジオと日本間の直行便って今はロシアの航空会社のみですが、来年3月から日航と全日空も参入ですね。16年に開業したTigre de Cristalがチンタラとロスを垂れ流すだけの様でしたが、あれよあれよと言う間に利益だけは出せるようになったようで、今年上半期は純利益は売上比21.5%と跳ね上がってます。昨年上期は▲5.0%でしたから、急改善です。このままいくと、利益率では世界トップに踊り出そうです。ウラジオって、韓国のカジノとは違って韓国人客を期待できるってのは強みかも。