IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

私がこの業界にいた時から、SANKYOはECOパチ(封入式パチンコ)に積極的に取り組んでいました。その当時の私は、ECOパチの狙いを、ホールの作業負担(出玉の移動や計数)の軽減、きれい好きな人への対応くらいにしか考えていませんでした。

しかし、カジノの合法化が現実味を帯びた今、その見方は一変しました。ECOパチの狙いは、そんな浅はかなものではなく、パチンコの合法化だったのではないかと。

パチンコの合法化の前提として、平等性や客観的な透明性(言い換えると、ホールで調整できない遊技機)が必要になります。その遊技機に、ECOパチがピッタリとはまるのです。

SANKYOは、ECOパチの分野で多数の特許を保有しているので、もしパチンコが合法化されると、莫大な利益を上げることになるでしょう。

ただし、カジノが合法化されるとパチンコに対する締め付けがより一層厳しくなるという意見もあるので、私はもう少し動向を見た上で判断するつもりです。