ここから本文です


今期から始まる新たな中期経営計画では積極的なM&Aを継続し、主に本業の人材サービスに関連するIT企業を対象とする方針を示した。2014年の上場時には7000億円と公表していたM&A投資枠については「7000億円から8000億円」(峰岸真澄社長兼最高経営責任者)として、最大1000億円積み増すことを明らかにした。
リクルートは19年3月期まで3期連続で最高益と利益水準が拡大している。前期の連結営業キャッシュフローは前の期比4割増の2769億円と稼ぐ力を高めた。
けん引役は人材ビジネスとITを組み合わせた「HRテクノロジー事業」で、同事業のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は前の期比55%増の474億円と、人材派遣事業(14%増)や、販促などを手がけるメディア&ソリューション事業(10%増)の成長率を大きく上回る。
主力のインディードは利用者の閲覧履歴などをもとに、ビッグデータや独自のアルゴリズムを使って個人に特化した求人情報を提供する。平均の利用者は世界で月間2.5億人と多く、事実上の業界標準となっている。
リクルートは10年以降、インディードなど約20社を海外で買収し、合計6000億円超を投じてきた。買収を成長戦略の要としている。18年には企業の口コミサイトを運営する米グラスドアを約1300億円で買収。前期の海外売上高比率は46%と、5年前の24%に比べて急激に伸びた。今後も国内外で買収を積極化し、世界における人材サービスの覇権を目指す

この様に日本を代表する 企業が EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は前の期比55%増の474億円と、 と使用しているが 機関投資家の
説明でなく 中小型株の株主は 大企業の株主と相違 財務知識も格差がありキトーの財務内容はノルウェイー政府の所有でお墨付きで抜群だが
会社説明の対象は 一般投資家であり 金融の専門家でなく
社長が総会で株価低すぎると 述べたそうだが 株主にキトーの
抜群の財務内容 一般株主に周知させる 社長の社員管理能力の
欠如と一般株主は思考する。間違ってるのは会社だよ。社長さん