ここから本文です
現在位置:
(株)キトー - 株価チャート

1,676

+13(+0.78%)
  • 前日終値
    1,663(06/18)
  • 始値
    1,701(09:00)
  • 高値
    1,717(09:17)
  • 安値
    1,668(14:42)
このスレッドは終了し、閲覧専用となっています。
コメントの投稿、最新コメントの閲覧はこちらの最新スレッドをご利用ください。
  • <<
  • 1000 979
  • >>
  • JR東日本単独で臨む延べ85万平米の高輪「エキマチ」
    東京大改造マップ(下)
    住建・不動産 サービス・食品 コラム(テクノロジー) 科学&新技術
    2019/4/25 6:30
    [有料会員限定]
    h
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO43076660Z20C19A3000000/

  • キトーのマテリアルハンドリング機器。
    1932年の創業以来、重量物を安全に運搬したいという、重力がある限り決してなくなることのない最もベーシックな欲求に、高い安全性と耐久性で応えてきました。今日では、建設土木、製造業、運輸、環境エネルギー産業からエンターテイメントまで、世界のあらゆる地域・産業のあらゆる現場で、なくてはならないインフラ機器として活躍し、さまざまな創造やイノベーションの実現に貢献します。
    h
    ttps://kito.com/jp/about/development

    早く手じまいしないと ファナック 大幅減益

  • 東京大改造、虎ノ門・品川など超巨大開発で港区突出
    東京大改造マップ2019(上)
    住建・不動産
    サービス・食品
    コラム(テクノロジー)
    科学&新技術

    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO43022260Y9A320C1000000//

    仕事がいっぱい

  • >>987

    シェール革命による天然ガスの生産量が飛躍的に伸びているなか、フリーポートLNGプロジェクトは、まさに世界のエネルギー産業が注目する先駆的な一大プロジェクト。3つのプラント施設はテキサス州で建設中ですが、すべての工事が完了し設備が稼動すると、天然ガスの総供給量は年間約1,500万トンを見込み、日本の大手ガス会社にも供給されます。

    本プロジェクトの建設担当である、ザクリー・インダストリアル社様とハーリントンは、10年以上にわたり良好な関係を築いています。キトー製品の品質の高さをご理解いただき、採用に至りました。ハーリントンは、お客様が安心して製品をお使いいただけるように製品トレーニングを開催。充実したアフターサービスも提供します。(ハーリントン・営業担当 ブレンダン・コンリー

    キトーとハーリントン概要紹介
    キトーは1932年の創業以来、マテリアル・ハンドリング機器のリーディングカンパニーとして、あらゆる
    産業のお客様に安全かつ高品質な製品とサービスをお届けしております。ハーリントンは、1990年にキト
    ーの子会社となり、アメリカをはじめメキシコ、南米に販売チャネルとサービスネットワークを有し、米
    国では高い地位を築いています。詳細はハーリントンのウェブサイトwww.harringtonhoists.comをご覧く
    ださい。 
    本件に関するお問い合わせ先
    株式会社キトー
    コーポレート・コミュニケーション部
    Tel: 03-5908-0161 Email: pr@kito.com

    PDF版はこちら:
    キトー米子会社ハーリントンは、フリーポートLNGプロジェクト向けに大口受注(PDF / 123KB)


    h
    ttps://www.kito.co.jp/topics/2019/20190424_241/

  • 東京駅「トリプル超高層」始動 八重洲側に開発移る
    東京大改造マップ(中)
    住建・不動産 サービス・食品 コラム(テクノロジー) 科学&新技術
    2019/4/24 6:30
    [有料会員限定]

    仕事がいっぱい

    東京駅に近い日本橋・八重洲・京橋のいわゆる「日八京(にっぱちきょう)」エリアの「都市再生プロジェクト」が新たに動き出し、超高層街としての整備が丸の内側から八重洲側に移行する。八重洲口前の3地区で進行中の大規模開発の皮切りとなる、八重洲2丁目北地区再開発が2018年12月3日に着工した。

    【前回記事】東京大改造、虎ノ門・品川など超巨大開発で港区突出

    八重洲2丁目北地区再開発。東京駅と向かい合う西側の外観イメージ。高さ約240メートルのタワーの地上39階から最上階45階に「ブルガリ・ホテル東京」が入る(資料:三井不動産)



  • ■日本初進出の米設計会社がデザイン
    東京駅八重洲口前に並ぶ3地区には、いずれも高さ240~250メートルの超高層タワーが計画されている。
    このうち中央を陣取る「八重洲2丁目北地区再開発」は、再開発組合の一員および地権者として三井不動産が関わるプロジェクトで、3地区における大規模開発の皮切りとなる。2つの街区にまたがり、交通結節機能を強化するバスターミナル、日本初出店の「ブルガリ・ホテル東京」、八重洲地下街と接続する商業施設のほか、小学校や子育て支援施設を整備する。敷地面積は約1万3500平方メートル、延べ面積は約29万平方メートル。22年の完成を予定する。
    外装デザインに関しては、再開発組合側が13年にコンペを実施し、米国の建築設計事務所ピカード・チルトンを起用。1997年設立の同社は、著名建築家シーザー・ペリ氏の事務所出身のジョン・ピカード、アンソニー・マーケス、およひエラビー・ベケット(現AECOM)の代表を務めた経験を持つウィリアム・チルトンの3氏がパートナーとして経営する。日本には初進出となるが、前2氏はペリ事務所在籍時にヒルトン福岡シーホーク(現名称)、琵琶湖ホテルなどで日本国内の仕事を経験している。
    市再生特区の都市計画(素案)の概要より大規模バスターミナルの整備を記した部分(資料:「国家戦略特別区域会議東京都都市再生分科会」第5回、2015年4月10日)
    ピカード・チルトン起用の決め手は、「新しい開発の中で、この土地に固有の魅力を引き出し、価値をつくっていこうとする長期的な視野を再開発組合が評価したからだ」と、三井不動産ビルディング事業三部事業グループ(取材当時)の畑勝裕氏は説明する。同氏は、「当社も、これまでのプロジェクトのデザイナーには、外装のコンサルティングにとどまらず、その土地の歴史の中で建築がどんな価値を持ち得るかの提案を求めてきた」と語る。
    八重洲2丁目北地区再開発の建設地の隣、作業所のあるビルから東京駅方向を見る。左から2人目が起工式に合わせて来日したピカード・チルトンのウィリアム・チルトン氏、その左が設計担当者のショーン・ナムグン氏、3人目から三井不動産の畑勝裕氏、竹中工務店東京本店作業所事務長の長峰竜二氏、日本在住でピカード ・チルトン側のコンサルタントとして参画するジェームス・ランビアーシ氏(写真:日経アーキテクチュア)


  • ■東京駅グランルーフと呼応
    ピカード・チルトン側も、「コンペ要項に、土地に備わるコンテクスト(文脈)が丁寧に記されていたのでありがたかった。自分たちの仕事にとって極めて重要な情報だからだ」(ウィリアム・チルトン氏)と振り返る。それを基に提案したのが、「膨らむ帆」というコンセプト。建物の面する外堀通りが江戸時代には水路だったという歴史から、また東京駅が旅の起点であるという位置付けから、船や帆をデザインのモチーフとしている。
    全体のボリュームの見せ方、プロポーションなども提案の一部となる。オフィスのフロアプレートを最大化したい、という事業面の要請を受け、基準階専有面積約4000平方メートルを確保した上で、緩やかなカーブと縦方向のニッチ(くぼみ)を使い、「スレンダーに見える外観デザイン」を追求している。
    八重洲2丁目北地区再開発の建設地。右手が東京駅八重洲口、膜の大屋根が特徴の「グランルーフ」(写真:大山顕)
    低層部にもタワーとは別にカーブを付け、東京駅のグランルーフに呼応させている。小学校を配置する東側では、八重洲の街の一面であるかいわい性や細い路地にふさわしいヒューマンスケールを考慮した。「大切なのは都市空間としてのにぎわい。将来的には周りのプロジェクトと連携し、クリエーティブなコミュニティーをつくる核の一つになるはずだ」とチルトン氏は語る。

  • お知らせ
    キトー米子会社ハーリントンは、フリーポートLNGプロジェクト向けに大口受注
    2019/04/24
    ホイスト&クレーンの株式会社キトー(本社:山梨県中巨摩郡、代表取締役社長:鬼頭芳雄)の米国子会社ハーリントンが「フリーポートLNGプロジェクト」向けに、手動チェーンブロック400台の大口受注を獲得。キトーの手動チェーンブロックは、おもにガスが通る配管の位置調整や固定に使われます。

  • IR 以前電話照会で回答

    上海】中国政府から電気自動車(EV)生産を義務づけられている自動車メーカーは、政府が定めた目標を達成するかどうかにかかわらず、巨額の損失を被る可能性に直面している。
     16日開幕した上海国際自動車ショーでは、各社がEV生産義務づけへの対応を迫られている現状が浮き彫りとなった。舞台の主役を飾ったのは、ガソリン車ではなくEVだ。米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクス・ワーゲン(VW)などの海外メーカーは、新型EVの大量投入やEV開発への巨額投資を表明した。

  • >>983


     政府の生産目標に従えば、メーカー各社は2019〜2020年に中国での生産台数の約3〜4%をEVに振り向ける必要がある。2021年以降はその比率が大幅に引き上げられる見通しだ。
     目標未達のメーカーには罰金が科される。だが、その代替の選択肢も同じように高くつくとアナリストは指摘する。EV技術が成熟し、メーカーが規模を確立するまで、大衆市場向けのEV生産は今後数年にわたり、収益化が見込めない公算が大きいためだ。
     自動車業界はすでに、販売急減やガソリン車の過剰生産能力に直面しており、EV生産義務づけはさらなる重しとなる。中国の自動車販売は過去9カ月にわたりマイナスが続いており、1-3月期(第1四半期)は前年同期比11.3%減少した。米フォード・モーターは昨年、中国事業が15億ドル(約1700億円)の赤字となるなど、一部のメーカーはすでに損失が生じている。
     サンフォード・C・バーンスタインのシニアアナリスト、ロビン・ズー氏は、政策主導のEV促進は、向こう数年の業界の収益性に関する大きな懸念材料だと指摘する。
     EV技術はまだ、大衆車並みに価格を引き下げられるほど安くない。コンサルティング大手マッキンゼーによると、1台当たりのEV生産コストは通常、ガソリン車を約1万2000ドル上回っている。EVの生産コストがガソリン車並みの水準まで下がるには、あと約5年はかかるという。
     中国では政府による寛大な補助金がメーカーの生産コストを押し下げてきたため、中国勢は海外メーカーに先行してEVを投入することができた。だが政府は今年、補助金を75%削減。来年には完全に廃止する。
     EV生産義務づけにより、例えばGMは2019〜20年に約26万7000台、フォードは約5万5000台のEVを生産する必要がある。
     一方、中国の自動車メーカーは、異なる悩みを抱えている。エントリーレベルのEVを過剰に生産しており、政府の補助金が廃止された後に採算を確保する方策を見いださなければならない。

  • >>979


     補助金を加味しても、EVの実需はなお低迷している。豪マッコーリー・グループのアジア自動車分析部門トップ、ジャネット・ルイス氏は、自動車メーカーは、売れ残りを活用するため、自ら設立したライドシェア会社にEVの多くを販売していると指摘。中国のEV生産は主に政治的なものであって、商業的なものではないという。
     海外メーカーの多くは、中国政府の生産目標を達成できるとの見方を示しているが、具体的にどう実現するのかは明らかにしていない。そのため目標達成が疑問視されている。また一部のメーカーはすでに、EV生産計画でつまずいている。
     GMは中国で完全EV車の「ビュイック・ヴェリテ 6」を昨年投入する予定だったが、バッテリー性能を巡って社内で懸念の声が上がり、計画は遅れた。中国政府の規制によると、バッテリーは中国国内で調達する必要がある。GMは15日、上海国際自動車ショーでようやくビュイック・ヴェリテ 6を発表した。
     VWは安徽江淮汽車(JAC)とEV生産に特化した合弁を設立し、1年前に第1弾のEVを発表した。だが関係筋によると、VWが品質問題に取り組む中で発売が遅れていたようだ。
     だが、VWの中国事業トップ、スティーブン・ウォーレンスタイン氏は15日、記者団に対し、VWは来年、中国で40万台以上のEVを生産すると表明し、2019〜20年の生産目標を十分達成できるとの考えを示した。
     中国政府の規定によると、生産目標を達成できないメーカーは、目標を超える台数を生産した競合他社からクレジットを購入する必要がある。だがクレジットの相場は、企業が取引を始めるまで分からず、かなり割高となる可能性もある。
     バーンスタインのズー氏は、それでもクレジットを購入する方が、不採算のEVを何千台も生産するより安いかもしれないと指摘する。ただ、中国政府はEV普及の取り組みをメーカー各社が熱心に支持すると考えており、クレジットの購入は「政治的制裁を受けるリスクを冒すことになる」という。

  • QUICK コンセンサス

    1期(前回) 1期(今回) 2期 3期

    決算期
         2019/3連 2019/3連 2020/3連 2021/3連

    更新日 2019/2/8 2019/3/29 2019/3/29 2019/3/29

    売上高 61,067 61,067 64,467 68,000

    営業利益 6,467 6,467 7,333 8,700

    経常利益 6,067 6,067 7,033 8,300

    当期利益 4,230 4,230 4,800 5,600

    一株利益(円)207.22 207.19 235.1 274.29

    一株配当(円)40.0 40.0 41.0 40.0

    予想社数(社)3   3  3   1

  • PEG RATIO 0.4 倍

    h
    ttps://oneinvest.jp/peg-ratio/

    PEGレシオ 0.4 倍
    h
    ttps://www.buffett-code.com/company/6409

    大変な利益増加率である。

    中国では法律でガソリン車MAKERは EV車工場設立
    EV車を生産しなければならない。四季報にも記載。
    ハイブリットでもよい
    1工場にキトーのOVER HEAD CRANE が最低 10台が設置される。
    トヨタ、FORD GM VOLKS W など 30工場
    以上が新設、日本では 三井不動産の日本橋高架橋再開発
    東急不動産 渋谷再開発 地所:丸の内再開発
    米国:GREEN ENERGY POLICY 風力発電
    需要は莫大。

  • <<
  • 1000 979
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順