IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>685

米政府、中国5社製品使う企業の取引排除
来月から 日本企業800社対象
1319文字[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成、ニューヨーク=中山修志】米政府は8月、華為技術(ファーウェイ)など中国企業5社の製品を使う企業が米政府と取引することを禁じる法律を施行する。対象の日本企業は800社を超え、該当する中国製品の排除が必要となる。米中対立の激化で、世界のハイテク市場の分断が加速する。中国製品への依存を強めていた日本企業の調達戦略も修正を迫られる。
例えば、対象企業の製品を海外で一部使用しているNTTは8月の法律施行までに他社製品に変更し、今後も使う予定はないという。NTTデータの子会社が米政府とシステム関連で取引があるためで、同社は「契約に支障がないようにしたい」としている。例えば、対象企業の製品を海外で一部使用しているNTTは8月の法律施行までに他社製品に変更し、今後も使う予定はないという。NTTデータの子会社が米政府とシステム関連で取引があるためで、同社は「契約に支障がないようにしたい」としている。
四季報春号 に記載のとうり 高速通信5G 契約しており その5G のアンテナ
取り付けは 北越の作業車 である
6364 も 6409も大販売先は:アメリカで 社会インフラ 216兆円
AIR MANが大活躍 この規制は 千歳一隅のチャンンス

  • >>686

    米建設業の景況感、コロナ前の水準に 7月の指数、14ポイント上昇
    363文字[有料会員限定]
    保存 共有 印刷その他
    【ワシントン=長沼亜紀】全米住宅建設業協会(NAHB)が16日発表した7月の住宅市場指数は前月から14ポイント上昇し72となった。3カ月連続の上昇で、新型コロナウイルス感染拡大前の水準に戻り、住宅市場の力強い回復を示唆した。

    ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(62程度)を上回った。同指数は、住宅建設業者や販売業者などからなるNAHB会員を対象に業界の景況感を測るもので、50を上回ると業者が新築一戸建て住宅販売市場の状況を「好調」とみていることを示す。

    内訳は「現在の住宅販売状況」が79で16ポイント上昇したほか、「今後6カ月の販売見通し」が75で7ポイント、「客足」が58で15ポイントそれぞれ上昇した。

    NAHBは、指数上昇の背景として春先のロックダウン(都市封鎖)で停滞した需要分の繰り延べと住宅ローン金利の低さをあげた。