ここから本文です

徐々にではありますが、IRの具体的な事業モデルが提示され始めました。

ここは黙って持続する、あるいは取得を進めるべき株式であるという認識でおります。