ここから本文です

いちいち難しいことを考えずに、おとなしく持続しておれば良いと思います。

おとなしく持続してりゃ、自然に新聞やテレビの経済報道が支援してくれると思っております。