ここから本文です

大阪万国博覧会の巨大需要が業績として見られるのは先の話かもしれませんけれども、特需に備えた体制を今のうちから準備をしておく必要があります。

今はまだ企画立案の段階だと思います。
しかしながら、いまだ企画立案の段階でこっそりと株式の取得を進めることは、まことに良いことだと思います。