ここから本文です

>>730

あまり詳しくは書けませんが~~シェール石油・ガスは地下2000~3000㍍近くの頁岩からなるシェール層の岩石の隙間にあり、それを水圧破砕で掘削してガスを採取するのですが、その際人工的に岩石の割れ目(フラクチャー)を形成、伸展させ流体の流路を確保するが、その場合ジェルを圧入して岩石を破砕し、フラクチャーを形成しそれを長時間支持するためにプロパントと呼ばれる砂粒状の物質をジェルに混ぜて圧入する。その際のジェル=フラックサンドの設備メーカーが新東工業だということです!!~~この技術は鋳造に必要な砂の技術の応用で新東の得意な技術です。そして米国では新東の子会社がこの技術でシェールオイル掘削に活躍しているそうですが?!