IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「讀賣新聞」が何か出来る訳でも無いでしょう。
株価は、正直です。
少なくともアンセムさんは、何とかしなければという意欲は、強く持っていたのでは。

弁護士事務所等が、TKSから5億円も踏んだくったことを「讀賣新聞」は何故、問題にしない。今のTKSの財務状況からは、考えられない金額。