IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

> 「高橋篤史」の盟友「山岡俊介」!
> 神奈川大出の劣等生、そして「反社」!
>
> 「アクセスジャーナル」の山岡は、「反社」そのもの。

 山岡が上司のような関係で付き合いをしていた事件屋の大塚万吉(本件恐喝未遂罪で1年8月の実刑。現在服役中)を紹介。中川は信用して大塚に全書類を渡す。ところが大塚から色んなルートに書類が出回る。その一部の親子が恐喝未遂で逮捕され、大塚も中川も共犯として逮捕された。
 しかし仲介者の山岡だけが逮捕されなかった。警察は当然、真っ黒容疑者として山岡逮捕寸前まで行ったのだが、中川が持ち出した資料の中に、山岡宅に武富士が仕掛けた盗聴の証拠書類があったことが判明したことで一転、山岡は被疑者から被害者になった。

 今となっては一事不再理だからこの件で山岡を逮捕できるかどうかわからないが、いざとなったら仲間を裏切る真に汚い男である。