IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今朝の、日経と読売の記事から、推察すると、アジアは、議決権行使の仮処分申請を取り下げと言う事はある程度、買収に、自信を持ったんちゃうか?手続の方法は、不明であるが、1回目の、委任状送付の依頼で、何かの手段で(合法・非合法は不明)ある程度委任状集まったと、読んだ可能性もある。昨日、アジアから、速達便で2回目の、委任状送付の依頼が来た。2回とも、84円切手の貼った封筒付きで。●今回の読売の記事は、前回の記事に比べ、かなり中立になっていたと思う。仮に、新株の発行が認められても、アジアの比率そんなに下がんないのか。もし、アジア撤退となると、40%の持ち株、どう処分するのだろう。まだ目が離せない。