IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

この4月にクボタはインドの農業機械メーカーを連結子会社にしました。

インドが小麦の輸出を禁止したことは、ウクライナ産の小麦の流通が激減したことで、インド国内で小麦価格が急騰したことを示してます。

そのような状況ではインドの農家は小麦を高値で売ることができますので、収入が増えていることが予想されます。

農業機械メーカーの顧客である農家の収入が増える事は、農業機械メーカーにとっては悪いことではありません。しかも穀物不足となればなおさらです。農家の収入増によって農機の購買余力は増えますし、穀物需要が高いとなれば農機の購入意欲も高まるでしょう。

ただし、サプライチェーンが混乱してますから農機の生産がスムーズに進まない可能性はあり、そこには不透明感が残ります。