ここから本文です

このような日経の提灯記事が出てくると
いよいよもって、大口の売り逃げが
控えているに違いない

この新聞社がどちらの味方であるかは
自明

この記事に群がる個人を大口の売りが
迎え撃つ そして1月末には高値掴みの
個人たちが塩漬けを仕込むことになる

買い方は2月中旬までは米国ピークアウトの
余波を受ける覚悟が必要だ

  • >>819

    日経のこの記事フェイクだと云いたいようやけど、ここで空売りやっとったらそら心配や。短期の株価、増資などもありそら分からんけど、長期では問題ない、と思うけど。ちなみに、信用倍率0.72、逆日歩0.05,日証金貸借倍率0.39、短期的にも妙味おおあり。まあ、果報を寝て待つか。
    >
    このような日経の提灯記事が出てくると
    > いよいよもって、大口の売り逃げが
    > 控えているに違いない
    > この新聞社がどちらの味方であるかは
    > 自明
    > この記事に群がる個人を大口の売りが
    > 迎え撃つ そして1月末には高値掴みの
    > 個人たちが塩漬けを仕込むことになる
    > 買い方は2月中旬までは米国ピークアウトの
    > 余波を受ける覚悟が必要だ