IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【台北=中村裕】半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は13日、2022年の設備投資額が最大440億ドル(約5兆円)に達すると発表した。21年比で4割強増え、過去最高額になる。5年前の17年比では4倍の水準になる。現在の最先端品より、さらに2世代先の技術となる「2ナノ品」の新工場を年内に台湾で着工するなど、競争優位性を一段と引き上げる狙いだ。
【関連記事】台湾TSMC、10~12月の売上高・純利益が過去最高
TSMCは13日、オンラインで21年10~12月期の決算発表会見を開き、売上高、純利益がともに四半期ベースで過去最高を更新したと発表した。売上高は前年同期比21%増の4381億台湾ドル(約1兆8000億円)、純利益は16%増の1662億台湾ドルだった。
会見に出席した経営トップの魏哲家・最高経営責任者(CEO)は今期の見通しについて「22年の売上高は25~29%の増収になる見込みだ」と述べた。その後の数年間も「年間売上高は15~20%増が続く」と語った。