IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日本農業新聞  (2021/02/04)
鳥インフルエンザ 今季初確認から あす3ヶ月
発生リスク 依然高く 17県41例 殺処分712万羽
https://www.agrinews.co.jp/p53187.html

・今季の高病原性鳥インフルエンザは異例ずくめの発生となっている
・多発する一因は野外のウイルス
 (水鳥ではないハヤブサやフクロウでも陽性の死骸が見つかっている)
・感染農場の壁、網9割に隙間破損

春にかけて渡り鳥の動きが活発になることから、今まで感染が見つかってない
地域でも、より警戒を強める必要がある。