ここから本文です

巷間にて噂をされている東京証券取引所の再編事業における新上場基準が適用されますと、このままでは一部上場を維持することが極めて危うくなってきました。

オカダアイヨンのブランドイメージと影響力を堅持したくば、岡田祐司社長以下、経営陣は、いよいよなにかしらの措置を講じなくてはなるまい。