ここから本文です

戦後に怒涛のように作られた構築物が、60~70年の耐用年数を超える更新時期に一気に入る。
これからニーズの興隆期に入っていく。