IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

一番強いと言ったのは私ではありませんが、確かに短期的にみる
と悪い時に買ったかも知れません。
しかし、この騒ぎで3月末に2800円近くまで下げたにも拘らず、
ここまで戻しているし過去にもこれに近い場面は何度かありました。
長期的にみると右肩上がりはチャートが示す通りなので少なくても
1年は静観するのが賢明だと思います。