ここから本文です

技研アメリカが
NYマンハッタンの住宅街の公園の地下にボイラーを埋め込む工事で、サイレントパイラーに依る圧入工法が初採用され今月18日に工事が完了しました。
無振動、無騒音、工期短縮、コスト50%オフが採用された決め手です。
旧態依然とした日本と違いアメリカは良いものは積極的に取り入れてくれます。
北村社長の言う海外での売上比率70%は意外に早く実現するかも知れませんね。