ここから本文です

国内はお役所で前例が無いものの導入拒否があるが世界的にはニューヨーク地下鉄の件でかなりの評価があり自信になったようである。
ヨーロッパ圏も英国からオランダに本社移転しており、ブレグジット絡みの対策も対処。
そして景気に左右されない。また、ここはサイレントパイラーなどを自社で製造しているわけではなく、出荷前の完成品のチェックのみで委託製造しているファブレス企業なのでそっちのリスクも無い。なので業績は当面緩やか又はそれ以上の右肩上りが続くと思う。
余談ですが社長はノーベル賞狙ってるみたいね。