IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

G7では管総理が日本でのオリンピック開催を確認した場になった。また世界の政治情勢も対中国に対し政治。経済.脱炭素社会の形成.コロナ対応等々でも結束することを表明している。日本国内での政治では本日野党側は管内閣不信任案を提出っしたが、要因はコロナ対応策中心とした対応策に対する遅れなどと言われている。
この様な環境した日本の株式市場では現実に外人買いが前向きに動き出している様に見えるが、東証でのホソカワミクロンは下落傾向を示している。
ホソカワミクロンには本日東証での指し値を見ると5980円近辺から6100円近辺までに売り指し値が約10000株余あり、買い指し値は5900円近辺に1500株余の指し値が見られる。                                 この売り指し値は従来外国系機関投資家が株集めの折に株価上昇をコントロールし、僅かしか買い指し値が無いと不人気を演出していると思っている。
昔から閑散に売り無しといわれているが、昨今の出来高もそれらの動きの結果だと思える。                                  NY市場での株価は既に何度も新高値を示現し、ナスダック市場も昨日新高値を更新した。 間もなく日本国内でもコロナ騒ぎも終息傾向を確実に世界に示せば
割安な成長株投資が本格化するだろう。
ナノテクノロジーの技術で超微細粉体製造装置を総合的に提供できるのはホソカワミクロンであり、ホソカワミクロンのHP最新の会社案内には驚くべき製品群があることを説明している。今後世界各国は半導体.全固体電池を中心とした二次電池の開発など世の中を変貌させる研究開発が一段と活発化すると言われており、それぞれの國自体国策的な対応策を展開し始めている。

  • >>279

    昨今漸くナノテクノロジーが具体的に紹介されつつあるが、一般人向けの解説書は2005年頃から今日でも発刊されていない。ユーチュウブでKIMS(物財機構が鉄原子を特殊な顕微鏡を駆使して鉄原子(0.25ナノ)を銀の平面に付着させ鉄原子150個を動かし「アマエビ」を描いた。大きさは縦35ナノ横45ナノで昨今話題のコロナウイルス直径100ナノより小さな作品と紹介されている。
    又本日日経紙上には半導体再興「後工程」糸口にと題して微細化伸び悩みで脚光と見いだしにイビデンなど20社超がTSMCと開発とある。
    技術開発に協力する企業約20社の事業内容をみるとプロセス材料.封止材.基板.樹脂テープ.研磨剤.リードフレーム.等々の研究開発.実用化などナノテクノロジーの技術が大きなポイントを握っているように思う。
    翻ってホソカワミクロンでは既に市販されている育毛剤.化粧品はナノテクノロジーの技術が一般個人向けに使用されている。育毛剤はPLGAに包まれた育毛成分45種類を組み込み大きさ140ナノと言われており、最新の育毛剤には2ヶ月分で300兆個内蔵しており、やや大きな瓶に液、小さな瓶4本には凍結乾燥法で作られた育毛成分が瓶の底にこびりついた形態で入っており、約2週間でしようする事になっている。
    この小瓶内にはPLGAで包まれた育毛成分が75兆個(4小瓶×75兆=300兆個)
    であるが、現実の世界で個人が使用できる製品だと思っている。
    恐らく単に育毛剤.化粧品と言う事だけではなく、半導体.脱炭素社会.二次電池(特に全固体電池)新素材開発.医薬品開発等々コロナ感染が終息傾向を示せば、世界各国は技術開発を積極化することで新しい時代が開けると確信しているようだ。