ここから本文です

本日のホソカワミクロン株価動向はNY株大幅安を反映して恐らく外国勢の売りと国内での月末接近.信用取引追い証から来る投げなどが重複した恐慌心にマーケットが反応したと思っている。
このところ市場では売買い指し値がよく似た外資系の指し値が連続して見られていた。恐らく今回の下げ局面で買っていたのは彼等ではないか。本日の出来高は100100株だったが最近の出来高では9月25日の100300株8月13日の110800株8月10日の157800株だった。
本日21時現在の海外市場はドイツ.フランス.イタリアの市場は小幅だが上昇している。間もなくNY市場も始まるが反動的な動きが見られるのではないか。 私自身は本日若干の買いを実行した。
ナノテクノロジーの将来性を信じて買い増ししているが、ナノテクノロジーの世界はAI.IOT.5Gの進展と共に短期的にも長期的にも大きく変化する社会の中心になると確信している。
かってソニー.本田でも株価は大波乱の中で成長し今日がある。
本日安倍総理は中国に公式訪問をされているが、中国が求めるのは技術導入と資金面で支援だと言われている。中国13億人に寄与する技術が広範囲であればホソカワミクロンにもチャンスは大いに期待できる。
11月9日ホソカワミクロンの決算が発表されるが、好決算が発表されると思っている。悲観的な見方をせず、前向きな対処が必要な時だと思っている。