ここから本文です

11月7日の第3四半期決算発表で「WTI原油価格は1バレル70米ドル台まで上昇・・市場と事業は好調・・・持分法による投資利益(予想41億円)を含めて、営業利益は118億円」としているが、その後、WTI原油価格は50ドルまで急落した。FPSOの市場も冷えるし、持分法による投資利益は原油価格に連動して41億円から大きく減らすだろう。12月末で「ごめんなさい」にならないためには原油のさらなる減産と価格上昇が頼み!!