ここから本文です

6269 三井海洋開発 12月決算
総株数 5641万株 
浮動株数(13.5%) 762万株

FPSO 1基当たりの年間キャッシュフロー
=50億円xMODEC取り分(29%として)
FPSOに年間キャッシュフロー=
14.5億x23基=333.5億/5641万=1820000/5641=591.2円

ストック分だけで、10,000円超えちゃうな?

591.2x17→10,050
x15→ 8,868
x14→ 8,277

で、ここからが本論です。
株価って、将来価値の割引率で割り込んだ現在価値なわけですよね?

将来の価値って、将来的に折り込むことが妥当なキャッシュフローですよね?

すると、既にクロージングしたFPSOのストックキャッシュフローは折り込むべきですかね?

実際のプラント建設に伴う利益などは、建設時にならないと、不明な要素が多過ぎて不可能ですね?

将来的に有望な銘柄は、安いときに仕入れるのがプロの目利きなんでしょうから、機関がちょこっとずつ買い増ししてきてると判断してますが、

それと、親企業の方も業績上向いてるようなこと、記事みたな?

でした。