ここから本文です

2017/07/19 東証OSE
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に対する処分について
東京証券取引所は、モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に対して、取引参加者規程第34条第1項の規定に基づき以下のとおり処分を行うとともに、同規程第19条第1項の規定に基づき業務改善報告書の提出を請求しましたので、お知らせいたします。
また、大阪取引所も、同社に対して、取引参加者規程第42条第1項の規定に基づき下記のとおり処分を行うとともに、同規程第17条第1項の規定に基づき業務改善報告書の提出を請求しましたので、お知らせいたします。

処分の内容
東京証券取引所における処分
・2017年7月31日から同年8月2日までの間、株式統括本部株式トレーディング本部の自己勘定による当取引所市場における有価証券の売買(ただし、既往の契約の履行に伴う売買等、取引所が個別に認めたものを除く。)の停止・過怠金8,000万円の賦課

  • >>200

    2017/07/19 東証OSE
    モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に対する処分について

    東京証券取引所は、モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に対して、取引参加者規程第34条第1項の規定に基づき以下のとおり処分を行うとともに、同規程第19条第1項の規定に基づき業務改善報告書の提出を請求しましたので、お知らせいたします。
    また、大阪取引所も、同社に対して、取引参加者規程第42条第1項の規定に基づき下記のとおり処分を行うとともに、同規程第17条第1項の規定に基づき業務改善報告書の提出を請求しましたので、お知らせいたします。

    東京証券取引所における処分

    2017年7月31日から同年8月2日までの間、株式統括本部株式トレーディング本部の自己勘定による当取引所市場における有価証券の売買(ただし、既往の契約の履行に伴う売買等、取引所が個別に認めたものを除く。)の停止
    過怠金8,000万円の賦課

    大阪取引所における処分・戒告
    違反行為の概要経緯

    日本取引所自主規制法人(以下「JPX-R」という。)は、売買審査の結果、モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社(以下「同社」という。)の自己売買による相場操縦(見せ玉)の疑いがあるとして、2016年2月、同社に対して実態説明を行うとともに、証券取引等監視委員会へ状況報告を行った。
    証券取引等監視委員会は、JPX-Rからの報告を受けて実態解明を行ったところ、同社の自己売買による相場操縦(見せ玉)が認められたとして、同年12月6日、金融庁に対して課徴金納付命令を発出するよう勧告し、金融庁は同月16日、同社に対し、課徴金(2億1,988万円)納付命令を行った。