IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

398円以上の高値で飛びついて買った人は、まだ急騰時の高ぶりの余韻が残っているので、まだかすかに反騰するかもという希望を持っている。だから、まだ売らない。しかし、いくら待っても待っても上がらない。そのうちもっともつと下がっていく。いたたまれなくなり最後には絶望の内に投げ売りする。そして、ここが底となる。これが一般人の高値買いの底値売りの心理だ。この心理を利用して儲けようとしているのが空売り機関だ。