ここから本文です

株価が超低空飛行にもかかわらず、役員報酬のみ増額は許されるものではない!今後厳しく役員報酬額はチェックしていき、株価に見合わない増額にはアクションをおこすべき。