ここから本文です

横田義之社長は今のままでは・・

「落第点」です。。
株価は通信簿

横田製作所の株価は前社長まで
ほぼ予想1株純資産に比例して
わずかに上昇してました・・
(今期は1株純資産は1200円超か)

無借金で堅実経営、財務が超優秀
純資産のほとんどが現金
しかも毎年黒字で
現金純資産が増えるからですね

横田博社長のときは最低PBR1.5倍
・・・・・・株価なら1800円以上
三浦真里夫社長では最低PBR1.1倍
・・・・・・株価なら1320円以上

を推移してないと前の社長らを
超えることはできません。。

それが今なんと「純資産割れ」。。
株式過半数を取得する金額よりも
断然多い現金保有でただ同然で
買収されてしまう状態。。

減価償却が多くて決算いまいちでも
現金がたっぷり残ってしまうようなので

緊急に株主還元を考えて
株価対策をお願いします