ここから本文です

>>248

KAIさんに同意します。

理由コメント:前期決算書のこの記事あり
前期通期決算書 11/56 ぺージ 中期経営計画に売上目標18億円、 経常益3億円
これらから判断して 売上18億円 税引後、純利益2億円
それを発行株18735個で 除すと 1株利益@106円が限界で機械企業平均株価 PER10倍となり 株価は1060円が限界 これ以上上がりません。
横田製作所の定期預金以外 雑収益が0円のため (余力収益の賃貸不動産所得や株式配当) 当期利益のだけある。

この先 いくら、累計純資産@を積み上げても 株価は毎期の評経営成績であり、累計純資産@は あくまでも会社解散価値なのです。

この横田製作所は 量産製品無しの為 コストダウンの利益玉だし無しで 大きな成長性は0 毎期の惰性歯車の利益2億円が限界である。

※税引後の純利益が4億円以上ないと、株価2000円以上になりません。

通期売上 10年間見ても 売上18億円、経営利益3億円以下なら 永遠に株価は 1060円で 安定し、株価
は動きません。ジャスダック上場意義はありません。
※MBOで 上場辞退すべきです。

追記:メイン銀行は 広信金で役員もおり、大手銀行や銀行系証券会社が介入出来ないが問題あり。