ここから本文です

>>6091

おっしゃるとおり1台あたりのサイクルタイムは長くなりますが各工程にかかる時間はほぼ変わらないはずです。 旋盤→マシニング(フライス)加工を2台でやると、機械から機械への付け替えが発生し位置決めギャップは埋められないばかりか、余計な治具・人件費まで必要になります。トータルのサイクルタイムは変わらないのであれば、複合機のほうが効率が良い面も多々あります。たとえば 旋盤5分→機械から機械へ移動→30秒→マシニングセンターへ取り付け2分→マシニング加工10分。複合機なら移動と付け替えの時間がなくなります。また付け替えの間違えによるNGもなくなり、その価値は大きなものです。あまりに簡素に書きましたが実際には工程が増すごとにサイクルタイム以外の部分も無視できないものとなるのは確実です。