ここから本文です

ここの工作機械より、森精機 、ヤマザキマザックのほうが出番があるとおもいます。理由としてどちらも複合型旋盤をとりあつかっております。複合型ならマシニングセンターと旋盤工程を1台でこなすことができます。1台でこなすことによりさらに高精度な部品ができます。もちろんマシニングセンターやレーザー加工機なら、幾らかの受注は可能とおもいますが。先に述べた機械メーカーが入る余地または選択肢に含まれるならエンシュウの出番はほぼないかとおもいます。森精機もマザックもマシニングセンター、レーザー加工機は取り扱っており厳しい競争にさらされるものとおもわれます。オペレーターの教育の観点からみれば、工作機械メーカーは1社に絞ったほうがかなり効率的です。