ここから本文です

【北朝鮮】金正恩委員長、米国に警告「朝鮮半島情勢は臨界点に達している。元の状態に戻るかもしれない」
                      AFP  2019年4月26日
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、ベトナムの首都ハノイで行ったドナルド・トランプ米大統領との首脳会談で米国が「不誠実」な振る舞いをしたと述べ、朝鮮半島情勢は「臨界点」に達したとの見解を示した。北朝鮮の国営朝鮮中央通信が26日報じた。

KCNAによると、金委員長の発言は25日、ロシアのウラジオストクで同国のウラジーミル・プーチン大統領と会談した際のもの。同通信は、金委員長とプーチン氏の会談は「率直で友好的」だったと伝えている。

同通信によれば、金委員長は
「朝鮮半島と地域の情勢は現在、行き詰まっており、臨界点に達している」と発言。

さらに「米国が最近の第2回朝米首脳会談で不誠実にも一方的な態度を取ったため、(情勢は)元の状態に戻るかもしれない」と警告した。